レイコの日記 生活に「自然」を取り入れる

四季を感じながら生活したい!   平成22年4月 << 21号 お友達の中国便り編 >>


 みなさん、こんにちは

 今年の春は、寒い雨が降ったり、かと思えば初夏みたいに暑かったり、なんだかおかしな気候ですねぇ。まるで私の性格みたい…ってダレ!?そんなことを言ったのは!!(笑)

 気温の変化が大きいと体調を崩しがちですけど、みなさんはお変わりありませんでしたか?
 私はといえば、先日、夜桜花見に行ったんですけど、肌寒かったもので久しぶりに御燗を飲んだら、家に帰ってから悪寒が走ってですねぇ。翌日は、熱はないけど体中が痛くて立ち上がれないほどで、会社休めてうれし〜い!↑でもやっぱり病気はしんど〜い…↓などという日を送ったりしておりました。『御燗で悪寒』ナンちゃって!………さむっ!!(自己責任でツッコみましたので、あしからず。オホホホ)
昼の桜はもちろんキレイですが、夜桜はちょっと幻想的で「美しい〜」って感じですよね

 さて、もうゴールデンウィークが目の前ですが、みなさんはどんなふうにお過ごしになる予定なのかしら。今回は、ゴールデンウィークにお出かけになる方も、そうでない方も、ちょっとした海外気分をいかが?という日記です。
 中国からの写真便り。おすそ分けしちゃいます
 実は先日、旦那様の転勤の関係で中国にお住まいのお友達が、春休みで日本に戻っていらっしゃって、私の大好きなジャスミンティーや痩せるお茶なんかをお土産に持ってきてくれたんですの!
ジャスミン茶の茶葉。コロコロとしてて、お湯を注ぐとほどける様子も、また癒されるんですよねぇ  どんなお茶も、淹れ方は紅茶と同様。さぁみなさん、前号のポイントを思い出してください!抜き打ちテストですよ!
◎問題:お茶を淹れる際に、注意すべき点はなんでしょう?
◎答え:『量・時間・沸騰したお湯』
 ウフフ、覚えていらっしゃいました?茶葉から淹れるお茶は、これを押さえることがコツですからね。要チェック!

 今回いただいた中国茶の写真を載せてみました。この形、ご覧になって〜。コロン…と結ばれてるみたいで、なんだかカワイイですよねぇ☆
 本場では、踊りながら淹れるウーロン茶がある、なんていう話も聞いたことがありますのよ。どんなパフォーマンスなのか、ぜひ一度見てみたいわー。

 今回は一緒に痩せるお茶もいただいたんですけど、もらっただけで、もう痩せた気がしてます。いつもの私のパターン。(笑) 中国茶、本当にいろいろあるんですねー。
 そうそう、今回このお土産を持ってきてくださったお友達っていうのは、私と一緒にカリスマ主婦の竹田さん(この『レイコの日記』にも何度かご登場いただいてます!)に、お料理や暮らしの知恵なんかを教わっていた方なんです。
 旦那様の転勤で広州に行かれたんですけど、その際に私の本業(不動産業です。みなさん、お忘れじゃないですよね…?オホホホ)のほうで、持ち家を貸すお手伝いをしたりいたしましてね。

 先ほどもお話ししたように、今回春休みで日本に帰国して、私にもお土産を持ってきてくださったりしたんですが、今はまた広州に戻られています。
 そんな彼女から先日、写真が送られてきましたの。今回、中国に戻られる際に、ご両親も一緒に行って桂林を旅行したんですって。この写真がもう、とってもステキなのよ〜!それで、せっかくなので、みなさまにもご紹介したい!と思ったんです。
右側に写っている板みたいなかたまりも茶葉です。本当にいろいろあるんですねー
お友達が送ってくれた写真・その1。桂林の川…かしら?向こうの山が霞んで、本当に絵のようだわ〜  さあ、1枚目。

 いかがですか〜?
 本っ当に、水墨画みたいな景色ですよねー。うっとり…。

 それではもう1枚、アジアを感じていただける写真を。
 右の写真は、アジア的というか、中でもベトナムみたいな雰囲気ですね。THE中国!という感じではないかしら…?

 地図を見てみたんですけど、そうか、広州って中国でも下のほうなのね。それで桂林は…と。桂林…。アレ?桂林ってドコ!?
 お友達からの情報によると、桂林は広州からだと飛行機で1時間ぐらいの場所なんですって。

 なんだかのどかでいいわぁ、この写真。…なんて考えながら見ていたら、…ん?この風景………周りの山を林にして、前の川を小川にしてしまえば…あ!昔、私が住んでいた場所の下の沢の近くにあった水田風景にそっくりだわ!そっかー、だから“のんびーり”っていう印象を受けるのかも。
お友達が送ってくれた写真・その2。日本では見かけられないような景色ですよね。…と思ったら、この写真から思わぬ記憶が呼び起こされてしまいましたわ。(笑) 詳細は本文にて!
 私が昔住んでいたところって、東京都下なんですけど、最寄の駅からバスに20分ぐらい揺られてようやく着くような場所だったんですよ。家の隣は林で、下は沢。20号の最初にも書いたんですけど、カエルが庭の池に卵を産みに来る、あそこです。
 当時は、下の沢の近くは竹林と水田で、ちょうど今ごろの時期になると、牛を使って代掻きしてたんですよねぇ。あ、「代掻き」ってご存知ですか?牛が、水田の中をかき回す機械を引いて歩くんですよ。つまり田植えの準備ですね。

 んーそれにしても、このアジアな雰囲気の写真、いいわー。アジア………あぁそうだ。私、前に人から「オリエンタルな方ですか?」と訊かれたことがあるんですよね。なんか、見た目とか雰囲気とか、そういう感じみたいで…向こうに行ったら、私、すんなり同化しちゃうかも!…って、そんな話は置いときますわね。(笑)
お友達が送ってくれた写真・その3。パンダちゃん!かわいい〜☆ 近くで見たいなぁ…  次は、かわいいパンダちゃんですよー。笹でお食事中。お友達は桂林で見たそうなんですけど、保護区があるのかしらね。

 そうだ!パンダ→笹→竹→タケノコ!で、また昔のことを思い出しちゃったわ。
 私が小学生のころ、家の下にある沢の隣の竹林に、祖母とタケノコを採りに行ったことがあるんですよ。祖母は山形出身で、当時は墨田区に住んでたんですけど、ウチは母が働いてて、ときどき1週間ぐらい帰りが遅くなる時期があったので、私の面倒をみに家に来てくれてたんですよね。
 で、タケノコ採りの最中に、そこの地主さんが来て「タケノコ採ってるんかー!」って怒られちゃって。(無許可でしたの…笑)
 そのとき祖母ったら、「すみません地主さん。ウチは墨田区から来て都会暮らしなので、孫にタケノコ堀りをさせてあげたくて…」と話しましてね。そしたら、地主さんも「そうかいそうかい。いいよ、やっていきな!」なんて言ってくれて。
 嗚呼なんてのどかな光景なのかしら…っていうか、若干祖母が言いくるめてますわね。オホホホ。あー懐かしいなー!
 そうだそうだ!その林にまつわる思い出もありますよ。これも小学生の時だったかしら…友達と、林の中にあるお墓に、よく肝試しに行ったんですよ。そのお墓の周りを囲むように椿が植わっていて、肝試し中に花がボタッと落ちて怖かったんです〜。
 そんなわけで、肝試しの時期っていつも椿の花が落ちている時期とかぶってたから、私の中で椿の花自体になんだか怖いイメージがついちゃってるんですよねぇ。
 ちなみに茶道だと、椿は花ごと落ちるので、それが首が落ちるイメージに結びつくから蕾しか使わないんです。お茶を習い始めてその話を聞いたときは、この小さい頃の肝試しのことが、映像で頭の中を流れましたわねー。やっぱりなんかコワイわ…。
 ってアララ?またまた話が違う方向に行ってるし!ヤだわー。今日の私、なんかヘンなのかしら?…って、いつものことかー。…ってダレ!?またそんなことを言ったのは!!(笑)
思わぬものに、思わぬ記憶がつながって、思わぬ感情に結びついてしまうこと、ありませんか?私はどうやら椿みたいですね…
 さてさて、パンダに話を戻しましょうね。
 パンダは、日本の動物園でも人気者ですよねー。いつも混んでて遠くからしか見たことないけど、間近で見たら、もっとカワイイんだろうなぁ。見た目もそうですけど、仕草がまたとってもカワイイんですよね〜♪ なごむわぁ☆って感じ。
 でもでもっ!パンダって…熊よね??クマ!?色が違うだけで、なんでこんなにカワイくなっちゃうのかしら…笹を食べるからなのかしら?そもそもパンダって、普通の熊とはちょっと違う感じがしますよねぇ。
 そんなパンダちゃんが気になっちゃって、私、ちょっと考えてみたんですよ。考察です、考察!生物の進化について。(コホン)
 まず黒い熊がこの世に生まれるでしょ?その後にシロクマが生まれて。それで、最後にブチ柄のパンダちゃんが生まれたんじゃないかしら?って。どうでしょう私のこの説!…って、本当にそうなのかしらね…?私ってば、実は理科の教員免許を持ってるのに(!)、適当なこと言うな〜っ!とか怒られちゃうかも…ウムム。よし!ちょっとだけ調べちゃいましょう!
私の『脳内進化論』の図。(笑) イラストを描いたのも私なんです…いかが?オホホホ  ジャイアントパンダは、『食肉目』(ミアキスという大昔の動物から進化した、主に肉食の動物。ネコ科、イヌ科、クマ科などが含まれる)に分類されるそうですよ。
 あ!でもさらに細かく分類した場合は、『クマ科』に入るか、独立した『ジャイアントパンダ科』にするかで、説が分かれてるみたい。そして…あらら。シロクマは同じ分類じゃないんだわ。あー、私の説はここで脱落ね。(笑)

 本で読んだんですけど、パンダを発見した西欧人が、帰国の際に頭の骨とか毛とかを持ち帰ってパリの大学で調べてもらったところ、シロクマの一種ではないとわかって、『アイルロポダ・メラノレウカ』っていうジャイアントパンダの学名を命名したみたいです。ってことは、私と同じ考えの人がいたってことかしら?
 うーん、私の説は間違いだったか!でも夢があると思うんだけどなー。黒くて強い熊と、白くてかわいい熊を見て、『どっちにもなりたーい!』と願っていたら…白黒ブチのパンダが生まれマシタ!なんていう絵本、結構良いと思いません?…あら、また私ってば勝手なことを。ハイッ、次いきますわね!ウフフ。
 こんなふうに、お友達が中国からいろんな写真を送ってくれたので、会社のみんなで見てたんですけど、そしたら、お隣の事務所で仕事をしている司法書士の樽澤先生が、「写真の撮り方が上手だなー!」と褒めて褒めて。
 だから、お友達にメールでそのことをお知らせして、ついでに、いま住んでいる広州はどんなところなの〜?って、その写真も催促しちゃいましたのよ。そしたら、早速送ってきてくれました!ありがとうございます!

 それが、右の写真。まさに金未来都市!…あれ?「近」未来都市!でしたね。つい間違っちゃった…だって!送ってもらってビックリしたんだもの!建物が金色よ!!
 この近くには、『体育中心』っていう広場もあるんだそうです。広州では今年11月に「アジア大会」が開催されるんですって。もちろん、日本も参加するんでしょうねー。その場所も使われるのかしら?
お友達が送ってくれた写真・その4。真ん中の金色の建物を見たときは、本当に『度肝を抜かれた』っていう表現がピッタリでしたわー
お友達が送ってくれた写真・その5。いかにもアジアのマーケット、って感じですねー  そしてこれが、いよいよ最後の写真。
 昔の外国人居留地から歩いたところにある商店街だそうですよ。『沙面』っていうんですって。
 主に乾物や漢方薬、調味料なんかを売っているとかで、それがまた見たこともないものばっかりみたいなの!売っているものがなんなのかわからないし、いろんな臭いは入り混じってるし、とにかくものスゴイ通りなんですってー。そんな面白そうな場所、絶対行ってみたいわ!!

 …なーんて、お友達からいただいたメールと写真を見ながら、事務所で中国に行った“気分”になっている私がいますの。この連休中も、そんな過ごし方になりそうな気配ねぇ…(泣) いいのよ!いつか絶対行くんだから!
 そうそう。もうすぐ上海万博が始まるんですよね。5月の連休ぐらいからかしら。きっと現地は盛り上がっているんでしょうねー。
 さてさて、海外の雰囲気を少しはおすそ分けできましたかしら?今回は、ちょっと変わった感じの日記になっちゃいました…かね?中国にお住まいのお友達からのお土産&写真と、私の思い出話・妄想まで、盛りだくさんでお送りしてみました。(笑)

 えーと、次回は5月ですね。いつものような感じの日記に戻して、らっきょを漬けたり、ガリを作ったり…のご報告ができるかしら?というか、その前に家の中もゴチャゴチャしてきちゃってるから、年末に引き続き『お掃除編』で行きますか!というパターンもあるわね…うーん、どうしようかなぁ?
 あっそうそう!最近、緑茶関係のお仕事をしている方とお友達(なんて早速言ったら失礼かしら…?)になったんですよ。新茶をいただけることになっているので、またまたお茶を少し紹介して…なんて場合もあり得ますわ。お茶ネタ、引っ張り過ぎ!というツッコミが聞こえるような気もしますわね…オホホ。
 せっかくだから募集しちゃおうかなー?『レイコの日記』で取り上げて欲しいネタがある方は、メールでお知らせくださいませ!お勉強大好き・レイコがガンバっちゃうかもしれませんよ!ガンバってもできなかったら…ごめんあそばせ!(えええっ!?笑)

 ではでは、また次号!連休中にお出かけになる方は、お気をつけて行ってらっしゃいませねー!良いGWを!
お問い合わせは こちらから…。 
←「レイコム」TOPへ